イートイン脱税ってなに?見つかれば逮捕されるのか?

ニュース
この記事は約2分で読めます。

10月1日から消費税が10パーセントに増税になったこと加えて、「軽減税率」の適用で、買い方次第で8パーセントになったり、10パーセントになったりとややこしいですよね。

 

いろいろ混乱している中で、「イートイン脱税」というキーワードがニュースで話題となっています。

 

「イートイン脱税」ってなに?

「脱税」だから犯罪なの?

 

とますます混乱しますが、いったいどういうことなんでしょうか。

 

スポンサーリンク

外食など店内で食事する場合は8パーセントを維持

 

消費税が10パーセントに増税されましたが、すべて10パーセントが適用されるわけではありません。

酒類や外食を除いては、8パーセントのままとなります。

 

外食でも、コンビニなど購入した食料品を店内で飲食する、いわゆる「イートイン」の場合は、税率10パーセントが適用されます。

 

スポンサーリンク

持ち帰りを申告しながら、イートインしたら脱税?

 

この軽減税率、10日も経たないうちにある問題があがっています。

「イートイン脱税」です。

 

イートイン脱税とは、レジで持ち帰りと申告しながら、そのままイートインスペースで食事をするというもの。

 

前出のように、持ち帰りの場合は8パーセントですが、イートインの場合は10パーセントが適用。

つまり、本来2パーセント払わなければならない税金を払わなかった、脱税ということです。

 

ネット上では「イートイン脱税チャレンジ」をするものも

 

このイートイン脱税、会計時は持ち帰ろうとしていたが、イートインにスペースがあったのでついでに食べて帰ろうと、意図せずする人もいるはずですが、中にはわざと行おうとする輩も出てきているようで・・・

 

「イートイン脱税チャレンジ」と言って、わざとこういうことをして反応を楽しもうとすることのようです。

 

その他にも、高齢者など制度がわからず、罪の意識がなくしてしまう人もいるので、コンビニや国税庁などは静観する構えのようです。

 

しかし、わざとこういうことをするのは「脱税」にあたりますから、絶対にしないことですね。