「いだてん」が呪われている?低視聴率と出演俳優の不祥事で大揺れ!

テレビ
この記事は約3分で読めます。

昨日、お笑いコンビチュートリアルの徳井義実が、所得隠しと巨額の申告漏れという不祥事が報道されましたが、これがNHKにとって見過ごせない、頭を抱えることになってしまいました。

 

【昨晩の釈明会見】

 

徳井義実は、11月から現在放送中の大河ドラマ「いだてん」に女子バレーの監督役で出演する予定ですが、先日も主役の阿部サダヲが接触事故を起こしたばかり。

 

さらに13日の第39話では、視聴率が3.7%とワーストを更新してしまい、今後のいだてんはどうなってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク

徳井は反響次第で芸能界引退も

所得隠しと巨額の申告漏れの報道を受け、徳井義実は昨日の深夜、吉本興行本社で記者会見を行い、

「僕の想像を絶するだらしなさ、ルーズさによって」

と謝罪しました。

 

現在、レギュラー番組10本以上を抱える人気タレントなだけに、テレビ局も情報収集など、今後の対応に追われたとのこと。

 

今後の活動に関しては、

「できれば続けさせてもらえたら」

と答えていましたが、

「僕の仕事は劇場、テレビのお客さまがいないとできない。その方々が徳井が出てると気分が悪いと、仕事をしなくていいという判断をされたら、仕事ができなくてもしかたがない。スポンサー、企業の方にも必要ないといわれたらしかたがない。世間の皆様と僕を使ってくれる方の判断かなと」

と、反響次第では、芸能界引退も考えていることを回答していました。

 

11月から女子バレーの0監督役で出演予定だが・・・

徳井は、中学、高校のころにバレー部に所属しており、その経験を買われ、11月から「いだてん」に1964年の東京五輪で女子バレーボールの日本代表を率いた大松博文監督役として出演する予定です。

 

収録自体はすでに撮り終えているとのことですが、NHKの編成局は

 

「現在、事実関係を確認中。今後の対応については確認した上で判断したい」

 

とのことですが、「いだてん」は、放送開始直後に、ピエール滝が逮捕され、出演部分を代役を立てて取り直したということがあったので、成り行き次第では取り直すこともありうるかもしれません。

 

スポンサーリンク

主演の阿部サダヲは接触事故を起こしていた

「いだてん」俳優の不祥事はこれだけでなく、主演の阿部サダヲも先日、運転中に接触事故を起こし、その対応についてSNSなどで拡散されていました。

 

 

10月16日、渋谷区内を運転中に、隣のレーンを走行中のワゴン車と接触。

しかし、阿部の運転する車はそのまま走り去ろうとしたので、ワゴン車の運転手は後を追いかけ、停車させて対応に当たったとのこと。

 

阿部の誠意のない対応に、ワゴン車の運転手はその対応についてSNSで拡散。

ワイドショーなどでは特に話題に挙がりませんでしたが、その対応に批判、炎上騒ぎになってしまいました。

 

スポンサーリンク

「いだてん」は有終の美を飾ることができるのか?

視聴率ワーストを記録してしまったのは、裏でラグビーワールドカップが放送されていて、世間的にはラグビーに注目が行ってしまったことで、「いだてん」にはモロに逆風が吹いてしまったようです。

 

放送は今後、東京オリンピックを描くことになっていて、一気に盛り上がっていくと思われます。

 

しかし、出演する俳優陣がこのような事態を引き起こしてしまったら、さらなる逆風が吹いてしまうかもしれません。