改正動物愛護法は穴だらけの法律で何も解決しない

ニュース
この記事は約3分で読めます。

販売目的の犬や猫へ所有者情報等を記録したマイクロチップの装着義務などを定めた改正動物愛護法が12日、全会一致で可決、成立されました。

 

所有者情報を確認できるため、安易にペットを捨てることの防止や、迷子になったペットを探し出すことに役立ちそうですが、実は抜け道や足らないことなど、形だけの法律となりそうです。

 

どの点が良くて、どの点がダメなのか。

 

改正動物愛護法についてご説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

改正動物愛護法の良い点

まずは良い点について

 

安易にペットを捨てることができなくなる

まず対象となる生体に、獣医が注射器を用いて飼い主の情報が登録されたマイクロチップを体内に埋め込みます。

 

 

マイクロチップは、専用の機械で読み取ると所有者が分かる仕組みになっているため、飼えなくなったからと言って簡単に捨てることができなくなります。

 

もちろん、違法の場合は罰則規定も定められています。

迷子になった場合、所有者情報から飼い主を探しやすくなる

体内に埋め込んだ所有者情報をもとに、飼い主を特定することができるため迷子になった場合や、災害などで離ればなれになった際には活躍するでしょう。

動物虐待への罰則も強化

マイクロチップの埋め込みのほかにも動物虐待の罰則も強化。動物を殺傷した場合、

現行:「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」
改正:「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」

と、罰則引き上げも併せて定められました。

 

スポンサーリンク

改正動物愛護法の悪い点

一方、この改正案の悪い点として以下が挙げられます。

マイクロチップの読み取り機の設置義務はなし

販売業者にはマイクロチップ埋め込みの義務は課されますが、それを読み取る専用機の設置については定められていません。

 

マイクロチップを埋め込んだはいいが、いざとなって読み取り機がどこになるのか探すのに手間がかかっては元も後もありません。

対象は犬と猫のみ?

今回の改正案では、対象となるペットは犬と猫だけです。

 

ペットは犬と猫だけに限らず、小動物や爬虫類、鳥などたくさいいいます。

捨てられたり虐待を受けているのが犬と猫が多いので、他のペットは置き去りという感じです。

飼い主の個人情報流出の危険性

専用機を使ってチップを読み取るということは、機械が揃っていれば誰でも簡単に飼い主の個人情報を入手できるということになります。

 

今後は読み取りの専用機の設置場所、誰でも操作できなくするなどの措置が必要かと思われます。

マイクロチップの施術費が価格に上乗せ?

獣医がマイクロチップを手術で埋め込むということは、施術費がかかるということ。

 

ではその施術費は誰が支払うのかという問題が出てきます。

 

国や自治体が費用を出してくれるのか?販売業者が出さないといけないのであればその分、販売費に上乗せというのが危惧されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

最近、動物虐待が問題視され、こういう動物を守る法案ができることについては喜ばしいことなのですが、報道だけ見ているといろんな問題点や穴がある感じが否めません。

 

動物虐待は人間の身勝手な思いから起こることで、動物には罪がありません。

 

同じ社会で生きる以上、動物にとっても人間にとってもより良い法律にしなければなりません。