高校野球がいまだに丸刈りなのは〇〇が理由だった

雑学
この記事は約2分で読めます。

甲子園では、春のセンバツ高校野球が始まりましたが、出場するなんと9割の高校がいまだに丸刈りで臨んでいます。

 

昨年の夏の高校野球では丸刈りでない高校球児もいて、強制ではないようですが、そこには丸刈りにする理由があったからのようです。

 

スポンサーリンク

90年代では丸刈り率が下がったことも

高校野球連盟は、1993年から朝日新聞とともに高校球児の頭髪に関する調査を実施、昭和の頃は全員丸刈りのイメージでしたが、調査当初は丸刈りにしている高校は51%と予想外の結果でした。

 

1993年にはサッカーJリーグが開幕、一気にサッカーが注目されるようになり、高校でもサッカー部の部員が女子にモテるようになり、高校球児も丸刈りを辞めて髪を伸ばすようになったようですね。

 

その後、98年には31%と丸刈りにしているほうが少なくなりましたが、最近では80%以上の高校が丸刈りにしているようです。

 

でも、なんでみんなが嫌がる丸刈りにするんでしょうか?

 

スポンサーリンク

丸刈りにしないと笑われる?

ある調査によると、高校球児の間で、髪を伸ばしていると逆に笑われてしまい、練習試合に応じてもらえないとのことだそうです。

 

「多勢に無勢」なのでしょうか、髪を伸ばしているとチャラチャラしていそうで笑われ、弱そうに思えてしまうんでしょうか?

 

ともかく、試合をしてもらえないので、球児が率先して丸刈りにするようです。

 

スポンサーリンク

野球だけでなくバレーボールや駅伝選手も丸刈りに

高校野球は100回を迎えるほど伝統のある競技です。

 

高校球児も昔から丸刈りをして臨んでいますし、強豪校は伝統を重んじる傾向になりますから、先輩を尊敬し、負けないように気合を入れる形で丸刈りにするのでしょう。

 

それに野球は夏がシーズンですから、髪を伸ばしていると汗や泥まみれになると手入れなどが大変なので、丸刈りにしたほうが楽、ということかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今の時代、丸刈りを強制できませんから、丸刈りにしない高校球児がいてもおかしくはないんですが、やっぱり高校球児は丸刈りが汗に光っていたらさわやかな感じがするのは私だけでしょうか?

 

逆にプロ野球選手が丸刈りにしていたら、すごく違和感を感じますけど・・・(笑)