元NGT48の山口真帆が来年大河ドラマに大抜擢!しかし致命的な欠点が

芸能
この記事は約3分で読めます。

今なお炎上し続けるNGT48から卒業、研音へ移籍し、女優を目指している山口真帆

 

アイドルから本格的に女優になるにはしばらく時間がかかると思いきや、なんと!7月スタートのドラマと、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』への出演が内定したとの情報が!

 

順風満帆なところですが、山口真帆には女優として演技する上で「致命的な欠点がある」と言われています。

 

NGT48では幸せを見いだせなかった山口真帆は、その欠点を克服して女優として羽ばたけるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

メディアは山口真帆を巡って争奪戦に

山口真帆は昨年、自身への暴行事件を隠蔽しようとした運営会社に対し、勇気を持って告発したことで世間から注目、今年の5月にグループから卒業しています。

 

芸能活動を続けたかった山口真帆。

 

しかし、秋元康がバックにいるAKSに対抗できる芸能事務所は少なく、山口真帆自身もAKBグループとは一線を引きたいということから移籍先はすぐに決まらないと思われて居た矢先、救いの手を伸ばしたのは「研音」でした。

 

研音は、竹野内豊や唐沢寿明、菅野美穂や志田未来など、若手からベテランまで数多くの俳優が所属する事務所です。

 

また、研音はAKBグループ、卒業メンバーも居ないことから、今の秋元康の息がかかった芸能界に対抗しうる数少ない芸能事務所とも言われています。

 

そんな山口真帆がメディアに露出すると高視聴率が見込まれるとあって、影ではかなりの争奪戦が繰り広げられているでしょう。

 

スポンサーリンク

早くも夏のドラマと大河出演が内定

そんな事務所のバックをもとに、今、7月スタートの新ドラマと、来年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への出演が内定したとの情報が流れました。

 

7月スタートのドラマとは、事務所の先輩である唐沢寿明主演のドラマ『ボイス110緊急指令室』(日本テレビ系)。

 

山口はレギュラーではなく、ゲストとして出演が予定されているとのこと。

主演が事務所の先輩である唐沢寿明ですから、事務所としてもセッティングしやすいでしょう。

 

そして大河ドラマへの出演ですが、明智光秀演じる長谷川博己のほか、沢尻エリカなど主要クラスのキャストしか発表されていません。

 

山口真帆は準レギュラーなのか、ゲスト出演なのかは、これからの発表を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

山口真帆はアイドル時代から滑舌の悪さが欠点

これからの山口真帆の女優業が楽しみ

 

そうではありますが、山口真帆にはアイドル時代から

「滑舌が悪すぎる」

との指摘がされています。

 

NGT48のメンバーだった頃、新潟の酒造メーカーのCMに出演した際の動画が挙がってました。

 

ナレーションではかなり滑舌が悪いですね。

ファンの間では有名だったようですが・・・

スポンサーリンク

まとめ

NGT48を離れ、自由を手に入れた山口真帆

 

恵まれた事務所に移籍、今後の活躍に注目したい女優さんであることは間違いないでしょう。

 

しかし、卒業してまだ数ヶ月。

もう少し修行というか、地道に勉強をしてからドラマなどに出演したほうが良さそうな気がします。

 

これではAKBや坂道グループの人気があるメンバーが素人同然でドラマに出て批判を浴びるのと変わらない気がするのですが・・・