宮迫博之が闇営業でギャラを受領したのなら法的責任はあるのか?

ニュース
この記事は約3分で読めます。

カラテカ入江慎也が所属の吉本興業から解雇されたことから明るみになった詐欺グループの忘年会での”闇営業”問題

 

その忘年会出席者に名を連ねていた雨上がり決死隊の宮迫博之たち

 

入江や宮迫らは、出席は認めたものの、詐欺グループだったとは知らなかった、ギャラは受け取っていないと否定しています。

 

しかし、詐欺グループの関係者は「ギャラの支払いはあった」と証言、宮迫の証言と食い違いを見せています。

 

関係者の証言通りギャラの受け取りがあったのであれば、宮迫は法的責任を負うことになり、芸能活動にも大きな障害となりますが、真相はどうなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

「闇営業」と「直営業」とは違う

「闇営業」とは、一般的には事務所を通さずに仕事をうけるとされています。

 

この論について、キングコング西野亮廣は自身のブログで、

 

  • 『闇社会』と『闇営業』と『直営業』の区別がついていない
  • 闇営業(直営業)に社会的な問題は1ミリもありません

 

と、違法性はないことを主張。

 

問題点は

闇社会との関わりと、納税(収入の申告)の2点

であると自身のブログでこう述べています。

 

スポンサーリンク

芸人は個人事業主

お笑い芸人や俳優、女優は、事務所に所属して、事務所から仕事を紹介されるという契約関係となっており、芸人は個人事業主という立場になります。

 

なので、我々サラリーマンのように副業、会社が許可しない仕事はダメということではないのです。

 

実際、売れていない芸人がバラエティ番組で

「仕事がないのでアルバイトして食い繋いでいます」

というエピソードを話して笑いをとったりしていますよね。

 

なので、個人事業主である以上、仕事を紹介してもらえなければ自分で探して稼ぐことはごくごく当たり前のことなのです。

 

スポンサーリンク

もしギャラを受領していたら最悪「脱税」の疑いが

今回、入江や宮迫らが責められているのは、営業先が詐欺グループ、つまり反社会的組織であったのが問題なのです。

 

入江や宮迫らは、詐欺グループとは知らなかったと言っていますが、関係者の証言で、入江は詐欺グループであると知り得る立場であったとされています。

 

さらに関係者は、ギャラの支払いはあったと証言しており、証言通りであれば、宮迫らは忘年会があった当年度の確定申告にて、収入の申告をしているはずです。

 

ギャラの支払いの有無については、確定申告書を見れば一目瞭然なのでしょうが、宮迫らが開示することはないでしょう。

 

仮にギャラの支払いがあったにもかかわらず、その収入を申告していなければ、申告漏れ、最悪、所得税、住民税などを脱税したということになります。

 

この記事を書いている時点では、入江以外の宮迫らについては、厳重注意に留まっています。

 

しかし本当にギャラを受け取っていたとなれば、宮迫らも契約解除処分は免れない、吉本にとっても大ダメージを被るはずなので、事態を深刻に受け取る必要があるかと思われます。