NHK受信料支払率の実態 〇〇ほど支払い率は高くなる!

ニュース
この記事は約3分で読めます。

先週の新聞等の報道で、「NHK受信料の支払い率が初めて8割を超えた」との発表がありました。

 

ところでアナタはNHK受信料は支払っていますか?

 

支払い率が8割を超えた」といっても、全国の平均値であって、受信料の支払い率は都道府県によって変わってきます。

 

支払い率最高の県と、最低の県とでは半分近くその差があるとのこと。

 

どうやら受信料の支払い率には、あることに理由があるからのようですが・・・?

 

 

スポンサーリンク

受信料支払い率トップは秋田県

NHKは毎年、受信料の支払い率について公表しています。

 

2018年度の支払い率について、先日公表され、全国都道府県のうち、支払い率トップは秋田県でした。

 

では秋田県の受信料支払い率は何パーセントだったのでしょう?

 

答えはなんと!98.3パーセント!!

 

秋田県民のほとんどの人が受信料を支払っているようです。

 

なんで秋田県はこんなに支払い率が高いのでしょうか?

 

NHK受信料支払い率は戸建住宅に因果関係あり!

この記事を読んでいただいている、受信料を支払っていないアナタは、どんなふうに断りますか?

 

大半の方は、マンションのインターホン越しに、受信料集金員と分かったあとに断るはずです。

 

しかし、秋田県は戸建て所有率が高く、集金員が訪問してきてもインターホン越しに断ることが難しいのです。

 

しかも東北の人たちは人情味があつく、人付き合いもいいと聞きますから、無下に断りにくいのも背景にあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

受信料支払い率最下位は沖縄県

逆に支払い率が最も低い県はどこなのでしょう?

 

東京?大阪?

 

意外にも沖縄県が受信料支払い率が51.0パーセントで最も低い、最下位の県だったようです。

 

沖縄県が受信料支払い率ワーストなのはある理由が・・・

NHKは1950年に特殊法人として設立、いわゆる開局したのですが、沖縄県では1967年に沖縄放送協会が開局するまで琉球放送などの民放がNHKのニュースなどを伝えていました。

 

ご存知の通り民放は受信料の支払いなどはなく、沖縄放送協会が突然、

「受信料を支払え!」

と言ってきたもんですから、沖縄県民は大反対!

 

沖縄県も秋田県のように戸建て住宅が多いのですが、今になっても支払い率が低いのは、このような過去のいきさつがあるからのようですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、NHK受信料の支払い率には、戸建て住宅が起因するとしました。

 

「見ていないのになんで受信料を支払わなきゃいけなんだ!」と支払いを拒否する方も多いと思いますが、法律で受信料の支払いが決められている以上、支払わなければならないことは念頭に置いておかないといけないですね。