台風の接近で起こる「台風頭痛」になりやすい人の特徴とやわらげる方法

ニュース
この記事は約3分で読めます。

「台風が近づいてくるとなぜか頭痛がひどくなる」

 

こんな風に感じる人、いませんか?

 

気象状況によって起こるこのような症状を「台風頭痛」と呼ばれています。

 

頭痛は一刻も早く治したい!

 

今回はそんな「台風頭痛」をやわらげる方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

台風が近づくと頭が痛くなる「台風頭痛」とは?

Huge hurricane north of Australia. Elements of this image furnished by NASA

台風は赤道付近で発生した熱帯低気圧が発達したもので、文字通り低気圧の塊のようなものです。

 

台風が近づくと、気圧が急激に低下し、その影響で頭痛を引き起こす要因であると言われています。

 

台風頭痛を引き起こすメカニズムとしては2つあると言われ

 

  • 気圧が下がると、耳の奥のセンサーが反応、交感神経の働きで頭部や首の後ろの血管が収縮、その結果、頭が締め付けられるような痛み(頭痛)を引き起こす

 

  • 一方で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、血管と三叉(さんさ)神経の隙間が詰まることで、脈打つたびに頭痛が起こる

 

が要因ではないかとされています。

スポンサーリンク

乗り物酔いしやすい人は要注意

台風頭痛で悩んでいる人の中には、乗り物酔いにかかりやすい人が多い傾向にあります。

乗り物酔いの原因として、内耳が揺れを感じて過剰に脳へ信号が伝わり、交感神経と副交感神経のバランスを崩しやすいと言われています。

 

これはまさに台風頭痛と同じ要因ですよね。

 

スポンサーリンク

症状をやわらげるには、首を冷やすのとマッサージが効果的

「つらい頭痛を一刻でも早くやわらげたい!」

 

一番いいのは、頭痛薬を飲んだらいいのでしょうけど、薬がない場合は、まず首の後ろを冷やすのが効果的です。

 

頭が痛いから首をマッサージする

 

という人も多いかもしれませんが、それは逆効果。
よけいに頭痛がひどくなるかもしれません。

 

膨張した血管を収縮させることで、神経の圧を抑え、頭痛が和らげますので、マッサージすれば熱をもってさらに血管が膨張してしまいますから。

 

別の方法として、湿らせたタオルをレンジで温めて、両耳をそのタオルで温めるという方法もあります。

 

さらには、両耳を指でつまんで、引っ張りながらくるくるまわしてマッサージする。

 

こうすることで耳の血流を良くして、自律神経を整える効果があるとされています。

 

これから台風がたくさんやってくる季節になってくるので、台風頭痛で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。