チケット不正売買を禁止する法律はいつから?何が変わるの?

ニュース
この記事は約4分で読めます。

大好きなアーティストのライブがあるのにチケットが取れなかった!

 

その裏にはチケットの転売目的で大量に取得して、不正売買を繰り返す

いわゆる「転売ヤー」の暗躍が原因かもしれません。

 

政府はチケットの不正転売を禁止する「チケット高額転売規制法案」が

昨年成立しました。

 

この「チケット高額転売規制法案」はいつから適用されるのか?

またこの法案によって何が変わってくるのかをご説明したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

チケット不正売買を禁止する法律が制定に至ったのは?

 

ファンクラブに入っていても取れなかったチケットがオークションで高額で

売られている!

 

そんな悔しい思いをした人は少なくないと思います。

 

一昔前までは、会場付近で見た目、ヤ〇ザっぽい人が

 

「チケット、あるよーー」

 

って売っていましたが、ネットが普及した今では、学生でも取得したチケットを

ネット上で高額で販売するのも珍しくありません。

 

このようなネット上での不正転売は、迷惑防止条例で取り締まることができないため

「チケット不正転売禁止法」が成立、2019年6月14日に施工されるわけです。

 

スポンサーリンク

規制されるチケット、行為は?

チケット不正転売禁止法では、国内で開催される公演、コンサートなどのうち、

転売を禁止する旨が記載されたチケット(特定興行入場券)の不正転売を禁止する

法律です。

 

特定興行入場券」とは、

 

1.販売に際し、興行主の同意のない有償譲渡を禁止する旨を明示し、その旨が券面(電子チケットは映像面)に記載されていること。
2.興行の日時・場所、座席(または入場資格者)が指定されたものであること。
3.例えば、座席が指定されている場合、購入者の氏名と連絡先(電話番号やメールアドレス等)を確認する措置が講じられており、その旨が券面に記載されていること。
「政府広報オンライン」より抜粋

のチケットを指します。

 

禁止される行為は

 

・チケットを不正転売する行為

・チケットの不正転売を目的として、チケットを譲り受けること

 

とされています。

 

ただし、招待券や整理券など無料で配布されたチケット、転売を禁止する記載がないチケット

などは「特定興行入場券」にあたらず、対象外となります。

 

違反したときの罰則として、

「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方」が科されます。

 

スポンサーリンク

アイドルの握手会の握手券はどうなる?

ネット上でのチケット販売サイトでは、ライブチケットだけではなく、アイドルの握手券も

取引されています。

 

チケットの転売が禁止なら、握手会の握手券も転売禁止なのでは?

 

握手券は、単体で販売されているのではなく、CDのおまけとしてついてくるもので、広義では

「特定興行入場券」に当たらないと思われます。

 

しかし、オークションやネット上では高額で取引されているケースもあり、握手券には

転売禁止を明示していることから、チケット不正転売禁止法にひっかかる場合があると思われます。

 

ただ、とらえ方があいまいなので、今でもヤフオクなどでは取引がされているのが現状です。

 

スポンサーリンク

まとめ

来年の2020年には東京オリンピックが開催され、チケットの高額転売が危惧されることから

チケット不正転売禁止法が制定されました。

 

オリンピックに限らず、チケット不正転売禁止法によって高額転売がなくなり、正規な金額で

みんなが楽しめるよう、対策を強化していただきたいですよね。