チケット不正転売禁止法が施行!しかし高額チケット取引はなくならない

ニュース
この記事は約3分で読めます。

人気アーティストのコンサートや、舞台、プロ野球のチケットなど、定価以上での転売を禁止する
「チケット不正転売禁止法」が本日施行され、高額転売に歯止めがかかると期待されています。

 

しかし大手チケット取引業者の「チケットストリート」や「チケット流通センター」では、法律が施行された今日の時点でもまだ、ジャニーズなど定価以上での取引を求める取引がされています。

 

世間では「定価以上の取引は禁止」のはずですが、なぜ今だに取引されているのでしょうか?

 

この取引が違法に当たらないのか、調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

チケット不正転売禁止法の概要

 

「チケット不正転売禁止法」において禁止される行為は、

・特定興行入場券(チケット)を不正転売すること
・特定興行入場券(チケット)の不正転売を目的として、特定興行入場券を譲り受けること

を指し、転売行為とともに、転売されたチケットを譲り受ける(購入した)者も処分の対象となります。

 

スポンサーリンク

大手チケット仲介業者の見解

先ほどの通り、本日付で「チケット不正転売禁止法」が施行され、チケットが定価以上の額で取引されていないはずですが、「チケットストリート」や「チケット流通センター」では1枚数万円のチケットが挙がっています。

チケットストリートの見解

チケットストリートでは、自社のホームページで「チケット不正転売禁止法」に対する見解、運用
についてコメントを発表しています。

 

(一部抜粋)

■当社で売買仲介するチケットはすべて、売り手会員より「不正転売にあたらない」旨の誓約をうけて掲載しています。
■買い手の方の注文にあたっては必ず「転売目的での購入でないことの確認」をお願いしています。

 

とし、扱うチケットについては「不正転売」にあたらないことを強調し、

 

正当にチケットを入手したファンが、そのチケットのもつ真の価値に見合った価格でチケットを譲渡できること・入手できることは、不正転売にあたるものではなく、守られるべき消費者としての正当な権利です。

 

と、定価以上での価格取引は正当であると主張しています。

 

チケット流通センターの見解

一方、チケット流通センターでは、見解ではなく”「チケット不正転売禁止法」施行にともなうご注意”という注意喚起だけにとどめています。

 

スポンサーリンク

チケット仲介業者のサイトで高額出品がなくならない理由

「チケット不正転売禁止法」で処罰の対象となるのは、売り手と買い手です。

 

チケットストリートなどの仲介会社は処罰の対象とはなりません。

 

あくまで売りて、買い手の責任のうえで仲介していますので、定価以上の条件であろうと掲載
し続けるのです。

また、

「不正転売にあたらない」旨の誓約をうけて必ず「転売目的での購入でないことの確認」をお願いしています

についても、何をもって「不正転売にあたらない」「転売目的でない」を判断するのかがわかりません。

(不正転売でない誓約書とありますが、定価以上の値を付けるのは転売目的の何物でもないと思われます)

 

スポンサーリンク

単に「定価以上の取引禁止」だけでよいのでは?

チケット不正転売禁止法では、「業」として転売することを禁止、いわゆる「転売ヤー」の根絶を目的としていると思われます。

 

無論、都度、高額転売で利益を得る転売ヤーも許せませんが、1回でも高額転売をする行為は
許されるものではありません。

 

法律も単に「定価以上の取引を禁止する」とシンプルに定義したほうが良かったかもしれません。