Uber Eatsで注文した商品がぐちゃぐちゃだった場合の対処法は?

グルメ
この記事は約4分で読めます。

みなさんは「Uber Eats」を利用したことがありますか?

 

「Uber Eats」は、普段デリバリーしていない人気料理店の商品を自宅まで配達してくれるサービスで、2016年9月に日本でも利用できるようになりました。

 

忙しい時や家から出たくないときでも配達してくれるということで人気なのですが、

 

  • 配達された商品が注文したものと違うものだった
  • 中身が偏ってぐちゃぐちゃだった

 

など、問題になっているケースも少なくないとか。

 

こういう場合、どう対処したらいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

SNSでもトラブルがあると報告が上がっている

何かと便利なUber Eatsですが、Twitterでこのようなつぶやきが上がっていました。

 

さらにこんなひどいものも

 

注文した商品が、いざ食べようと開けてみたらこんな状態だったら激怒しちゃいますよね。

 

スポンサーリンク

配達員はUberEatsのスタッフではない

商品を配達するスタッフは、Uber Eatsのスタッフではなく、「パートナー配達員」と言われる人たちで、専用アプリから注文が入り、直接飲食店で商品を受け取り、注文主へ届けるというシステムになっています。

 

中身がぐちゃぐちゃになる原因はいくつか考えられます。

 

配達員によるもの

街なかでこんなバッグを背負って自転車に乗っている人を見かけたことはありませんか?

 

このバッグの中に注文した商品が入っているということです。

いかにも不安定な感じがしますよね。

 

配達員には給料をもらう際に、注文主からクレームなどがあった場合は給料が減額されてしまいます。

 

一番多いのが配達に時間がかかってしまうことのようで、早く届けようとするとどうしても運転が雑になってしまいます。

 

配達環境によるもの

雨や道路に段差があった場合は、どうしてもバッグが揺れて、中身がこぼれたり、偏ったりしてしまいます。

 

そうなると届いたときには中身がぐちゃぐちゃだったという時もあります。

 

スポンサーリンク

不本意なものが届いたときはどうすればいいのか

注文したものを受け取る際、明らかにスープなどがこぼれていたり、中身を確認してぐちゃぐちゃだったのを確認できた場合は、受け取りを拒否することができます。

 

しかし、注文するときは、前払方式で決済完了後に配達される仕組みになっていますが、配達員から返金はされません。

 

ではどうすれば?

 

Uber Eatsにはコールセンターがありますが、こういう自体でもUber Eatsは返金には応じてくれません。

Uber Eatsの利用規約にはこう記されています(抜粋)

 

本アプリケーションまたは本サービスの利用を通じてリクエストが行われる輸送サービスの品質については、ユーザーに輸送サービスを提供する輸送業者が責任を負います。Uberは、輸送業者が提供する輸送サービス、または輸送業者の側の作為、行為、行動、言動、過失に関連または起因する損害に対して責任を負いません。ユーザーは、輸送業者が提供する輸送サービスに関する苦情を、輸送業者に提出するものとします。

 

つまり、配達されなくても、届いた商品の数が少なくても、ぐちゃぐちゃだった時もUber Eats側は一切責任を負わないということのようです。

 

ただし、返金はされませんが、クーポンという形で対応はしてくれるようです。

しかしそのクーポンはUber Eatsでしか使えませんから、Uber Eats側は損はしないことですよね。

 

「Uber Eats」は、デリバリーピザや飲食店の出前のような形式ではなく、「デリバリーのシステムを提供」するだけということになります。

 

利用する場合も、配達料が別にかかりますから、自身でお店に行けるようなら直接行ったほうがいいように思えますが、利用する際は、このあたりを踏まえて利用したほうがいいと思えます。